日本唯一の足の総合病院
「下北沢病院」推奨

TELIC KEY POINTS

POINT 01
ソールの立体フォルムによるアーチ形状の保護
POINT 02
優れた衝撃吸収性で体重がかかる足関節の負担を軽減
POINT 03
足底圧(足の裏にかかる圧力)を分散して足の負担を軽減
POINT 04
軽快感や推進性で〝雲を歩くような履き心地〟を体感

下北沢病院 理事長・医師 久道勝也 氏(Katsuya Hisamichi) ロート製薬株式会社最高医学責任者(CMO)

MEDICALEVALUATION

TELICの特徴を裏付ける検証結果を解説

EVIDENCE:01

レントゲンによる荷重位撮影

黄色い線のメアリーズアングルの角度が
増大していることから、しっかり
アーチがサポートされていることがわかる

アーチをサポートすることは、踵周りの関節が過剰に動きすぎる過剰回内を抑制する効果があります。過剰回内(オーバープロネーション)が起こると、アーチ構造を崩すと同時に、スネの正しい角度や向きをいびつに変化させ、膝や腰をはじめ体全体にも悪影響を及ぼします。スポーツにおけるパフォーマンスの低下だけでなく、怪我や疲れも誘発してしまうのです。※荷重位撮影:立っている時の足の裏にかかる圧力の動きを計測して撮影

一般のサンダル

TELIC着用

EVIDENCE:02

ふくらはぎをほぐす効果

運動直後にTELICを履けば、
ふくらはぎがほぐれる

運動直後にTELICを履いて3分間歩いた後のふくらはぎの状態を調べると、一般のサンダルより、筋硬度が低いことがわかります。これはふくらはぎが柔らかくなってほぐれている証です。TELICの特徴であるアーチサポートとロッカーボトムが推進力を高め、自然な体重移動をサポートすることで、ふくらはぎへの負担を軽減しています。

EVIDENCE:03

足底圧を分散して
足裏や足全体の
負担を軽減

赤い色が一点に集中せず、
広範囲に渡っていることから、
足裏にかかる圧力が分散
していることがわかる

足裏にかかる圧力を、一般のサンダルと比較したところ、TELICは圧力が分散しています。特定の箇所に圧力が集中すると、痛みなどが症状として表れますが、TELICは足裏への負担だけでなく、骨や関節、筋肉や腱、足の裏の皮膚といった足全体の負担も軽減します。これは足のアーチをサポートする立体フォルムや優れた衝撃吸収性によるもの。足の甲の中足骨(足の甲にある細長い骨)の負担も軽減でき、〝雲を歩くような履き心地〟をもたらしています。

日本で唯一の足の総合病院 下北沢病院

「日本で唯一の足の総合病院」として、足に関するけがや病気など様々なトラブルに対応。「足から健康を支える」をキーワードに、日本国内における足病治療の普及と発展に尽力しています。

※下北沢病院推奨は2018年生産分からとなります。